黒ヘッドやTP(ツアープリファード)はこちらで販売中

RMX218ドライバー 試打評価

ヤマハのRMX218ドライバーを打ってみました。

まず、構えた感じは、投影面積が大きく
かなり安心感がありますね。
よく試打をしているプロがいう安心感ですが、やっぱり大切ですよね。
練習場ではまだしもコースではドライバーを打つのってやはり緊張しますし普通には打てませんから。

実際に打った感じは、打音な高いですね。
決して不快な高さではなく、飛んでるな~という気分にさせてくれる音です。

そして、真っ直ぐ飛ぶ!これが凄い。
何発打っても曲がらないのが凄い。
もちろん試打マジックというか、試打しているときっていい球が出るんですよね^^;

飛距離としては、データで見ると結構飛んでいるみたいですが、
見た目に明らかに飛んでいるという感じではないかなと思います。
ですが、平均飛距離は上がると思います。
コースに出ると、やはりミスショットが多くなりますので、
そのミスが小さくなるというのは平均飛距離は大幅に上がるように思います。

RMX218ドライバーの詳細はこちら

コメントを残す