RMX118ドライバー 試打

ヤマハのRMX118ドライバー。
ヘッド体積が445㎤と今どきドライバーとしては小ぶり。
PINGのGドライバーも同じヘッド体積なので
これから小さめのヘッドも多くなってくるのでしょうか。

今回のテーマが「直進安定性」。
構えてみると、フェース面が真っ直ぐなんですよね。
普通は少し丸みがあるのですが、これが平らに近くなっています。
非常に構えやすく、真っ直ぐ行く感じがあります。

実際に打ってみると、弾きが強いのですが、
球に重さがある感じがあり
風に強そうな中弾道の球を打つことが出来ます。

球のばらつきも少なく、
確かに直進安定性が増しているように感じます。

球はそれほど上がりやすいわけではありませんので、
球が上がりにくい方はロフトを大きめにしておきましょう。

ヤマハRMX118ドライバーの詳細はこちら