テーラーメイドR15 430 試打評価

テーラーメイドから発売されるR15ドライバーですが、460ccと430ccの二つのタイプがあります。
今日は、430を試打した感想を書きたいと思います。

前重心になっていて、なんとヘッド重量の75%がフェース寄りに集中しているんだそうです。

この手のドライバーは、実は捕まりが良くありません。ですので、スライサーや初心者の方が使うのは、あまりお勧めできないのかなと、打つ前は思っていました。使うとしても、460ccでロフトが11度とかの方がいいかなと。

しかし、実際に打ってみると、意外や意外!非常に捕まりが良いですね。なんで??さすが、テーラーメイドさん^^前作のSLDRよりも捕まりますね。

そして、この430は、フェースの反発が半端ないですね。非常に良く弾きます。でも、打感は柔らかい感じがします。これもなんで??ロフトがあるからかな~。スゴイ技術です。

中弾道で飛んでいき、低スピンでそのままグングン伸びていくイメージです。上級者やハードヒッターが好きな弾道です。


送料無料【smtb-tk】 先行予約開始 ATTAS6☆シャフト R史上最高の飛び!先行予約 日本仕様 テー…