テーラーメイドR15ドライバー試打

テーラーメイドR15ドライバーを試打した感想を書きたいと思います。

460に関してはとにかく楽なドライバーだなという印象です。
ロフトが11度や12度のものを選ぶことが出来て、尚且つそれでも飛距離が出る。もともと9.5度のドライバーを使っていた私からすると、ミスも随分と減るので、最高飛距離だけでなく平均飛距離も大幅にアップします。

2015年モデル テーラーメイド R15 460 ドライバー TM1-115

2015年モデル テーラーメイド R15 460 ドライバー TM1-115

テーラーメイドR15 初心者やスライサーには?

テーラーメイドR15ドライバーですが、初心者やスライサーにはどうですか?という質問がありました。

今、テーラーメイドは、低・前重心を押しています。そして、この前重心というのは、実は捕まりに難がある場合が多かったのです。実際、テーラーメイドの前のモデルであるSLDRは、つかまりがあまりよろしくなかった。ですので、試打する際に、やはり捕まりの点は気にして打っていました。

一発打った時点で、これまでのドライバーとは別物であるとわかりました。捕まりが非常に良いです。全く持って不満はありません。

ただ、初心者やスライサーは、460にした方がいいかと思います。430だとちょっと球がつかまらなかったり、ボールが上がりきらない可能性があります。

460

日本正規品 送料無料【smtb-tk】先行予約販売 2015年モデル テーラーメイド R15 460 ドライバー…

430
12月中旬以降発送予定 テーラーメイド R15 430 ドライバー 2015 シャフト:TM1-115 カーボン 日本仕様

12月中旬以降発送予定 テーラーメイド R15 430 ドライバー 2015 シャフト:TM1-115 カーボン 日本仕様

テーラーメイド R15 試打

テーラーメイドR15を試打してきましたので、その評価をお伝えします。

【2014年12月発売予定】【2015年モデル】【先行予約】 テーラーメイド R15 460 ドライバー [TM1…

テーラーメイドR15には、460ccと430ccの二つのタイプがあります。

このドライバーは、「低・前重心+ロフトアップ」により、「高打ち出し+低スピン」で飛ばすというコンセプト。

ただ、この前重心というのは、くせ者で、つかまりが悪いというイメージがあります。なので、初心者やスライサーには不向きではないかと思っていました。実際前作のSLDRはその傾向がありましたから。
しかし、打ってみて、びっくり!捕まりが非常にいいですね。しかも打感もやわらかい。ロフトがあるからかもしれませんが、これは素晴らしい。

460は、高弾道で飛び出していき、なかなか落ちてこないのです。
430は、ヘッドの弾きがより良いですね。中弾道で飛んでいき、グングン伸びる感覚。

実は、私自身、なかなかこれというドライバーに巡り会っていらず、未だにツアーステージのXドライブ704という古いモデルを使っています。そのドライバーと比べると20ヤード以上飛んでいます^^;ようやくドライバーを替えるときが来たようです!!

最近、少し楽にドライバーを振りたいなと考えていましたので、460にしてみようかなと思います。

12月中旬以降発送予定 テーラーメイド R15 430 ドライバー 2015 シャフト:TM1-115 カーボン 日本仕様

12月中旬以降発送予定 テーラーメイド R15 430 ドライバー 2015 シャフト:TM1-115 カーボン 日本仕様